鳴海製陶株式会社/食器・洋食器の「ナルミ」ボーンチャイナ

    



いいもの いつも いつまでも

海外出荷船積みのようす
  
    
ナルミボーンチャイナ製造を決定した当時社長(左2番目)
  

2015年、ナルミボーンチャイナは50周年を迎えました。


いいものとの出逢い。

この言葉を胸に、NARUMIはつねに
上質でしあわせな時間をお届けしたいと、
器づくりをしています。

いいものとは…良いもの、善いもの、好いもの、佳いもの。
こころをゆたかに育み、温め、ゆたかにするものであったら素敵です。

2015年、ナルミボーンチャイナは50周年を迎えました。

この大切な節目に、変わらぬ思いと新たな想いで
いいものを、いつの日も、いつまでも。
これまでも、そして、これからもずっと。

皆さまの大切な「日々」とご一緒してまいります。


鳴海製陶本社旧社屋

  

Celebrating 50th Anniversary of NARUMI Bone China 1965-2015


ボーンチャイナと共に歩んだ50年。

鳴海製陶は1965年、日本で初めてボーンチャイナの量産化に成功し、ディナーセットを
米国へ向け初出荷をしました。

それ以前もボーンチャイナは限られたメーカーで少量生産されていましたが、成型方法
や焼成方法の難しさから、揃いのディナーウエアを作る技術は無く、フィギュアなどの
一品物が作られている程度でした。
それゆえ、当時の陶磁器業界では「ボーンチャイナに手を出したら身の上を潰す」と
言われていた程、作ることが容易ではない種類の磁器でした。

鳴海製陶は当時、米国へ普通磁器の輸出をしていましたが、市場の競争は激しく、他社
との差別化を図るために、1963年、高度な技術を必要とする高級磁器ボーンチャイナの
量産化へ向けて、研究をスタートさせました。
試行錯誤の末、「これで行こう」という線をつかむまでに、数百点以上の試験を繰り返し、
そして1965年5月、ボーンチャイナのディナーセットを初出荷することができたのです。

鳴海製陶はボーンチャイナの製法特許も取得(1984年まで)し、日本の高度成長期に
乗って、日本の家庭へもボーンチャイナを広く紹介し、ボーンチャイナと言えば“NARUMI”
というまでのブランドとなりました。

以来、半世紀ー。

ボーンチャイナのパイオニアとして、「“いいものとの出逢い”が作り出す上質で幸せな
時間」をお客様にお届けしています。

  

公式オンラインショップe-narumi

ナルミボ-ンチャイナ50周年ロゴ

先人の軌跡をつなぐ

ボーンチャイナ開発から50年。

これまでさまざまなデザインの器が生まれ、世に出て行きました。

そのなかでも特徴的で思い出深いデザイン――。
1960年代に初めて花柄として輸出した「ミルブロック」シリーズと、1970年代にアメリカ市場向けにつくり、
高く評価されたオリエンタル風の製品を、このたび復刻いたしました。

先人の想いや技術をひも解き、繊細な表現や色味を再現し、原点を見つめ直す……。
真摯にものづくりをして食器をお届けしたいという半世紀前からの願いを、いま、あらためて強く深く抱いています。



◆オリエンタル シリーズ

ボーンチャイナ製造50周年を記念して、米国市場向けに製造されていた
オリエンタルパターンをリファインして現代に甦らせました。

70年代当時、米国ではフォーマルではなく独自性のある絵柄の要望が多く、
米国からの参考資料を基にデザインされた物です。
その当時はナルミのデザイナーが米国へ渡り、現地バイヤーと一緒になって
商品を開発していたとのこと。
現在のようにメールやウェブなども無い時代、打ち合わせの後はホテルの
一室に戻ってデザインを描き、また翌日打ち合わせという事を繰り返しながら、
一つの商品を作っていったそうです。
欧米では日本の漆器の赤(テラコッタ)、黒、濃い緑、濃紺にオリエンタルを
とても感じるという意見を基に、あくまでも日本的にはならない、オリエンタルを
追及してできたデザインです。

20年以上前に制作されたデザインですが、今見ても新鮮で驚きのあるシリーズ
となっています。

96560-23119 5客アソート碗皿 50,000円(税抜)

オリエンタルシリーズ

◆ミルブロック シリーズ

ナルミの特徴と言えば、柔らかく淡い、女性らしいフラワーパターンがそのひとつ。
この「ミルブロック」は、1965年米国に向けて作られたフラワーパターンの第一号でした。

淡く可憐なバラの花は、今もナルミが得意とする花柄の原点。
デザインの細やかな装飾と、上品な雰囲気を作り出している器です。
当時は有鉛絵の具を使っていましたが、リファインするにあたり、今では当たり
前になっている、発色調整の難しい無鉛絵の具を使用。
しかし、当時の色合いと遜色なく、淡くきれいなバラの花を再現しています。

また、この「ミルブロック」という名前、当時ニューヨークにあった女子大の名前から
取られたもの。当時は町の名前や通りの名前、学校の名前などを商品名にする
ことが流行っていたそうで、それに習ってこの「ミルブロック」も名づけられたそうです。

--------------------------
*販売を終了いたしました。

ミルブロック

リファイン、いまの時代に寄り添う

過去のデザインを現代の生活の中に甦らせて気づいたこと。
それは、当時のモダンはずっと変わりなくモダン、ということです。

1968年に斬新なデザインとして発表された「てまり」シリーズを、当時の良さを活かしながら、いまの時代に合うように
リファインした「てまり」シリーズは、収納や使い勝手などの機能性を見直し、さらに配慮を重ね、新しくも深みのある
器となりました。



◆てまり シリーズ

爽やかな洋のテーブルにも、モダンな和のテーブルにもマッチする、汎用性のある
シンプルな形状とパターンデザインの「てまり」シリーズ。

電子レンジや食器洗浄機の使用OK、スタッキング性が高く省スペース収納など、
現代の暮らしに合ったテーブルウェアです。

この新「てまり」シリーズも旧シリーズに続き、2014年度グッドデザイン賞を受賞。
親子での受賞も嬉しい話題です。

<絵番:96471>
24cmプレート 4,300円 (5643) / 19cmプレート 3,000円 (5644)
16cmプレート 2,200円 (5645) / 12cmボウル 2,000円 (2882) 
ティー・コーヒー碗皿 3,000円 (23036) / マグ 2,000円 (2880)
ポット 8,000円 (4683)  すべて税抜価格

「てまり」シリーズ

変わらず愛される器

1970年代に販売が開始され、今なおナルミを代表する「ミラノ」シリーズと「シルキーホワイト」シリーズ。
おもてなしの場や特別な日には「ミラノ」。
日々の暮らしをさりげなく上質にしてくれる器には「シルキーホワイト」。
といったお言葉をいただけることがナルミの悦びであり、ものづくりをすることへの誇りにつながっています。

大切な皆様へ感謝の気持ちを込めて……。
ナルミボーンチャイナ50年を記念した特別なセットをご紹介します。



◆ミラノ シリーズ

1972年に発売され43年目を迎えた「ミラノ」シリーズ。累計出荷数は1400万個を超え、
日本人の10人に1人はミラノを使っていることになります。
「結婚した時に揃えて今も使っている」「母が作るハンバーグは必ずこの食器です」と
いったお話や、今も毎日使っているという言葉をいただき、各ご家庭で受け継がれている
器であると実感しています。

日本人の食スタイルは変化しましたが、今なお多くのご家庭で使われている「ミラノ」は
日本の洋食器では他に類を見ないシリーズです。

--------------------------
*販売を終了いたしました。

「ミラノ」シリーズ

9682-23122 ペアティー・デザートセット
  
9682-23123 ケーキセット
  

◆シルキーホワイト シリーズ

1977年に発売され38年目を迎えた「シルキーホワイト」シリーズ。
野に咲く小花の優美な曲線をイメージしたレリーフと優しく手に馴染む形が魅力です。
1994年にはロングライフデザイン賞を受賞、デザイン性も高く評価されています。

上質感を持ちながら、電子レンジでの温めや食器洗浄機使用OKといった機能面
も充実しており、毎日使える食器として今なお世代を超えて人気のシリーズと
なっています。

--------------------------
*販売を終了いたしました。

シルキーホワイト

9968-23124 ペアブランチセット
  
9968-23125 ペアスターターセット
  

▲ページのトップへ

HOME > 商品紹介 > 陶磁器