素材別商品のお取り扱いについて

陶磁器は割れ物です。誤った使用方法により、思わぬ事故やケガにつながる恐れがあります。
このページの注意事項をよくお読みいただき、お取り扱いには十分ご注意ください。

ボーンチャイナについて

安全にお使いいただくために

  • パッケージを開封後、まずは内容物に間違いがないか、ワレやカケがないかをご確認ください。

  • 破損の原因になりますので、以下のような行為は避けてください。

   1. 衝撃

   2. 直火調理

   3. 空焚き

   4. 急激な温度変化

   5. 煮沸

   6. 60℃以上の高温での湯煎

 

  • ヒビやカケが入った場合や破損した場合は使用を中止し、破片などでケガをしないよう十分ご注意ください。
  • 製品は本来の用途(食器、花器、インテリア用品など)以外にはご使用にならないでください。花器やインテリア用品などは、安定した状態で設置してください。

家電機器のご使用について

  • 製品本体やしおり、パッケージに、電子レンジや食器洗浄機の対応についての表示がある場合は、その表示に従ってください。
  • 金銀装飾のある食器はご使用にならないでください。(電子レンジ対応表示のある場合は除く)
  • 電子レンジ・食器洗浄機をご使用の場合は機器の取扱説明書をお読みの上、正しくお使いください。
  • 電子レンジで加熱後は製品も熱くなっていますので火傷にご注意ください。特に絵付け部分は電子レンジ加熱後に熱くなります。
  • 製品にラップをかけて電子レンジで加熱する場合は、密閉せずにふんわりとラップをかけるようにしてください。

お手入れについて

  • ご使用後の汚れは、早めに落としてください。そのままにしておくと汚れが落ちにくくなります。
  • ご使用後は、台所用中性洗剤を柔らかいスポンジや布につけて洗ってください。
  • 金属タワシや研磨剤付きナイロンタワシ、アルミナ入りクレンザーは、ご使用にならないでください。表面を傷つけたり、絵付部がはげたりします。
  • 茶しぶや水垢の頑固な汚れは、酸素系漂白剤を定められた条件で使用して除去してください。
  • ナイフを強く擦ると、表面にキズができて取れなくなりますのでご注意ください。
  • メタルマーク(ナイフ・フォークなどの金属跡)の汚れは、指先にざらつきを感じない程度の液体クレンザーで落としてください。ただし、汚れの程度によっては完全には落ちません。
  • 洗浄後はよく乾かして、湿気の少ないところに保管してください。

特殊な釉薬について

  • 一部の製品には、さまざまな色の釉薬(うわぐすり)が使われています。このような釉薬は、技法の違いにより「窯変(ようへん)釉薬」「カラー釉薬」「マット釉薬」と呼ばれます。
  • 一品一品職人が製作しており、表面の模様や色合い・濃淡・釉薬のたまり具合にばらつきが発生します。製品それぞれの個性としてお楽しみください。表面の模様・色合い・濃淡・釉薬のたまり具合をそろえることは致しかねます。
  • 釉薬の種類によっては汚れが残りやすいものがあります。ご使用後は、早めに洗ってください。
  • 保管の際は、食器同士の擦れによるキズの発生を防ぐため、薄い紙などを一枚挟んで重ねることをお勧めします。

その他のご注意

  • 釉薬(うわぐすり)のない部分を食酢や梅酢に接した状態で長時間放置しないでください。素地を傷めます。
  • ティーポットやティーカップなどは繊細な形をしています。洗浄や運搬の際には丁寧にお取り扱いください。
  • ティーポットの蓋に下図のような突起がある場合は、突起がハンドル側に来る向きに蓋を装着してください。お飲み物を注ぐ際には蓋に軽く手を添え、蓋が落ちないようご注意ください。

一般磁器(ポーセレン)について

安全にお使いいただくために

  • パッケージを開封後、まずは内容物に間違いがないか、ワレやカケがないかをご確認ください。
  • 破損の原因になりますので、以下のような行為はお避けください。

   1. 衝撃

   2. 直火調理

   3. 空焚き

   4. 急激な温度変化

   5. 煮沸

   6. 60℃以上の高温での湯煎

 

  • ヒビやカケが入った場合や破損した場合は使用を中止し、破片などでケガをしないよう十分ご注意ください。
  • 製品は本来の用途(食器、花器、インテリア用品など)以外にはご使用にならないでください。花器やインテリア用品などは、安定した状態で設置してください。

家電機器のご使用について

  • 製品本体やしおり、パッケージに、電子レンジ・食器洗浄機・オーブンの対応についての表示がある場合は、その表示に従ってください。
  • 金銀装飾のある食器はご使用にならないでください。(電子レンジ対応表示のある場合は除く)
  • 食器に「MICROWAVE SAFE」または電子レンジ対応表示のある場合はご使用になれます。
  • 食器に「MICROWAVE SAFE」または電子レンジ対応表示のない場合で、金銀装飾が施されていないものに限り、食材を温める程度にご使用になれます。
  • 食器に「OVEN SAFE」またはオーブン対応表示のある場合はご使用いただけます。
  • 電子レンジ・食器洗浄機・オーブンをご使用の場合は機器の取扱説明書をお読みの上、正しくお使いください。
  • 加熱後は製品も熱くなっていますので火傷にご注意ください。特に絵付け部分は加熱後に熱くなります。
  • 製品にラップをかけて加熱する場合は、密閉せずにふんわりとラップをかけるようにしてください。

お手入れについて

  • ご使用後の汚れは、早めに落としてください。そのままにしておくと汚れが落ちにくくなります。
  • ご使用後は、台所用中性洗剤を柔らかいスポンジや布につけて洗ってください。
  • 金属タワシや研磨剤付きナイロンタワシ、アルミナ入りクレンザーは、ご使用にならないでください。表面を傷つけたり、絵付部がはげたりします。
  • 茶しぶや水垢の頑固な汚れは、酸素系漂白剤を定められた条件で使用して除去してください。
  • ナイフを強く擦ると、表面にキズができて取れなくなりますのでご注意ください。
  • メタルマーク(ナイフ・フォークなどの金属跡)の汚れは、指先にざらつきを感じない程度の液体クレンザーで落としてください。ただし、汚れの程度によっては完全には落ちません。
  • 洗浄後はよく乾かして、湿気の少ないところに保管してください。

その他のご注意

  • 釉薬(うわぐすり)のない部分を食酢や梅酢に接した状態で長時間放置しないでください。素地を傷めます。
  • ティーポットやティーカップなどは繊細な形をしています。洗浄や運搬の際には丁寧にお取り扱いください。
  • ティーポットの蓋に下図のような突起がある場合は、突起がハンドル側に来る向きに蓋を装着してください。お飲み物を注ぐ際には蓋に軽く手を添え、蓋が落ちないようご注意ください。

ガラスについて

安全にお使いいただくために

パッケージを開封後、まずは内容物に間違いがないか、ワレやカケがないかをご確認ください。

ガラス食器の使い初めは中性洗剤などで洗浄してください。ガラスは割れやすいものです。傷がつきますと思わぬ時に破損してケガをすることもありますので、洗浄や使用時は丁寧にお取り扱いください。

ガラス食器についての注意

洗浄

ガラス食器は中性洗剤などで洗ってください。その際ガラスを傷つけるおそれのある研磨剤入りのスポンジ、金属たわし、クレンザーなどを使用しますと、破損の原因になったり金彩及び色(ハンドペイント・ラスター)が落ちることがありますので避けてください。

手洗い洗浄

グラス内面を洗う際は内側から力を入れてひねり洗いしますと、破損し思わぬケガをすることがありますのでご注意ください。

柄付きのスポンジのご用意をお勧めします。

急激な温度変化による破損

ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。ガラスが熱いうちに冷たいものを入れたり、濡れたところに置かないでください。

ガラスの傷

スプーンなどの硬いものをグラスの中にいれたり、保管用として使用しないでください。

また、強くたたいたり、こすったりしないでください。グラスを傷つけ思わぬ破損の原因になります。

積み重ね

ガラスを積み重ねますと、破損したり外れなくなったりします。積み重ね専用のガラス以外は積み重ねないようにしてください。

加熱・食洗器使用

オーブン・電子レンジ、直火では使用できません。

GLASSWORKS製品は耐熱ガラスではありませんので、オーブン・電子レンジ、直火ではご使用になれません。

食器洗浄機でのご使用の際には、食器洗浄機の中表示に定められた方法でご使用ください。

洗浄液のアルカリ成分がガラスに残るとガラスを曇らせる場合があります。洗浄液が残らないように十分に濯いでください。

装飾付きガラス製品の洗浄(金・プラチナ・カラー)

以下の使用方法は、装飾が剥がれます。絶対に行わないでください。

  • 食器洗浄機による洗浄
  • 研磨剤入りクレンザーや金属たわしによる洗浄。
  • 漂白剤でのつけおき洗い。

装飾付き製品を洗うときは中性洗剤を使用し、柔らかいスポンジで洗浄してください。

装飾付きガラス製品の洗浄(ラインストーン)

以下の使用方法は、装飾が剥がれます。絶対に行わないでください。

  • 長時間直射日光の当足る場所に置く。
  • 極端に高温または低温の場所に置く。

洗浄時ラインストーンでけがをしないようにご注意ください。

ラインストーンが万が一外れたときは誤飲などに十分ご注意ください。

ルーペについて

ルーペを通して太陽や強い光を直接見たり、光を直接身体に当てたりしないでください。失明・やけど・火災のおそれがあります。

花瓶などのインテリアについての注意

  • ガラス花器に長時間水を入れたままにすると、水垢などがこびりつき落ちにくくなることがあります。定期的に洗浄してください。
  • 使用の際には、安定した場所で使用し、転倒・落下にご注意ください。
  • 傷つきやすいテーブルの上では、マット・テーブルクロス等を敷いてご使用ください。

その他のご注意

GW製品はハンドメイドで丁寧に加工しています。そのため、色合い、模様などがひとつひとつ異なります。また、気泡が入る場合があります。

時計について

安全にお使いいただくために

パッケージを開封後、まずは内容物に間違いがないか、ワレやカケがないかをご確認ください。

光学ガラス時計についての注意

設置場所

次のような場所には設置しないでください。

  • 温度が+50℃以上になる場所。(直射日光の当たる場所、ストーブ、レンジなど火気に近い場所)
  • 冷暖房器具の送風が直接当たる場所。
  • 浴室など湿気の多い場所。
  • ほこり、油分が多い場所。
  • 振動、衝撃のある場所。
  • 室外。

安定した場所に、確実に設置してください。落下すると危険です。

お取り扱い
  • ガラスを使用している製品は割れてケガをする可能性があります。取り扱いには十分にご注意ください。
  • 小さなお子様がいらっしゃる場合は、手の届かない場所に設置してください。
  • おもちゃとしてお使いにならないでください。
  • 製品は分解したり改造したりしないでください。
  • 製品に衝撃を与えたり、熱風や蒸気を当てたり、息を吹き込むことは、故障・破損の原因となります。
お手入れ
  • ケースなどの汚れ落としに、シンナー・ベンジン・スプレー式クリーナー類は使用しないでください。
  • 油汚れなどは、石鹸水または中性洗剤を柔らかな布に浸して、よく絞ってから拭き、その後乾いた布で拭き取るときれいになります。
アフターサービス

製品は厳密な検査の上お客様にお届けしていますが、製造上の不備による不具合や流通過程において破損する場合がございます。

万が一ご購入の製品に不具合がございましたら、販売店または当社お問い合わせ窓口までご連絡ください。

  • 保証期間内に、正常なご使用状態で万一故障した場合には保証書を添えて、お買い上げ店または保証書に記載の当社お問い合わせ窓口までお送りください。
  • 保証内容は保証書に記載した通りです。
  • 修理の時、必要な部品や付属品などは一部代替品を使用させていただくこともありますのでご了承ください。
  • 修理可能な期間は、ご使用条件により著しく異なるため、精度も元通りにならない場合がありますのでご了承ください。

各時計の仕様

スケルトンクロック
【マルカート】
【オーバル】
ペンドラムクロック(振り子時計)
【セレナ】
【ウィンドウ】
【モノリス】
【カーヴ】
【ノヴァ】
【ステラ】
【マクロス】
サーモクロック(温湿度計)
【ブリーズ】
【アース】
【グローブ】
【ブルーアース】
【3D・キューブ】
【ティアドロップ】
【アーチ】
【コフレ】
【プリズム】
【ブック】
【ディクショナリー】
【エンパシー】
【ストリングス】
上部へスクロール